結婚式は好印象スーツ

結婚式はスーツで引き締める

結婚式はスーツを着て引き締める

結婚は人生で何度もあるわけではないので、良い思い出に残すためにも自分が一番魅力的に見えるようにしたいものです。スーツは異性でも同性から見てもしっかりとした印象をつけることのできるマルチな才能をもった衣装です。また、少し体が太っている人でも引き締まって見えるように、体を引き締める作用もあります。太っている人ならば、人生で一番魅力的に見せたい日には体の引き締まった姿を見せたいはずです。結婚を決め、お互いの両親への挨拶の際にはしっかりとした印象を持って貰ったほうが、スムーズに進むので特に男性ではスーツは必須アイテムです。

結婚式出席の際のスーツのマナー

友人や同僚の結婚式や披露宴に招待されて出席するときは、準礼装や略礼装で参列するのが基本です。黒色のスーツに白色のネクタイで参列するのが一般的ですが、最近は濃紺やチャコールグレーを着用してオシャレを演出する人も増えてきました。しかし、結婚式は新郎新婦が主役ですから、あまりにも目立つ服装は避けたほうがよいでしょう。色が明るすぎたり、ストライプやチェックの柄がはっきりとわかるようなスーツは避けたほうが無難です。親族として出席される方の中には年配の方もいらっしゃるので、マナーを守った服装を選ぶことが大切です。

↑PAGE TOP